オッパイを舐められるのが好きなかおりちゃん

先日、出会い系サイトで連絡だけ取り合いキープしていたかおりちゃん。20代後半のOLでバイク好きとのこと。僕もバイクに乗るのですが、彼女には彼氏はいるようで、そのお相手はバイクには全く興味がないようです。バイクの話で盛り上がり良い感じでキープしておいた女の子。

ある日、かおりちゃんからLINEが来ました。
「彼氏と喧嘩しちゃった・・・」
「良かったら話を聞くよ」
と返事を打つとすぐに会いたいと返信。

私はバイクで待ち合わせ場所に向かいました。

待ち合わせのお店に入るとかおりちゃんが待っていました。話をを聞くと、彼氏とささいなことで喧嘩をしたようです。

しばらく話を聞いた後、かおりちゃんは落ち着いてきたので、私のバイクで海に行くことになりました。

かおりちゃんをバイクの後ろに乗せて走ると背中にオッパイが当たるのが分かります。この時点で私はヤル気スイッチが入ってしまいました。しばらく、海を二人で眺めた後、かおりちゃんの肩を抱き寄せると彼女は力なく私に寄り添ってきました。

オッパイが僕の胸に密着して気持ち良いセックス

浜辺で寄り添いながら、私はかおりちゃんにキスをしました。もう、彼女は完全に身体を私に預けています。私は舌を彼女の中に入れながら、右手はオッパイを揉んでいます。

もう、ここまで来ると我慢ができません。

「ホテル、行く?」
とかおりちゃんに聞くと彼女はコクっとうなずきました。

バイクで近くのホテルにチェックインしました。部屋に入るなり、私たちは激しく抱き合ったのですが、かおりちゃんはまだ、シャワーも浴びていないのに私のジッパーを降ろし、口でフェラチオをしてくれたんです。

その口の使い方がとても上手で、私は体がとろけそうになりました。

その後は二人でシャワーを浴びました。Tシャツを脱いだかおりちゃん。薄い青のブラジャーとパンティー姿がとても可愛くこんなに女の子とこれからセックスが出来るのかと自分の運の良さに感動したものです。

私はシャワーを浴びている最中もかおりちゃんはしきりに私の股間を愛撫してくれます。手でゆっくりと陰茎の先と付け根までやさしくしごかれると、もう私は爆発寸前です。

シャワーを浴びると、二人でベッドに入りました。

私はかおりちゃんの体を隈なくなめ回しました。

20代の女性の身体は久しぶりです。

かおりちゃんの身体はとても白く、肌はきめ細やかです。オッパイは程よい大きさでお椀型です。乳首は小さ目で正に私の理想形のオッパイをしています。

私は夢中でオッパイをしゃぶりました。

どうも、かおりちゃん、オッパイをなめられるのが好きなようです。私が乳首をなめるたびに声をあげて身体をよじらせます。

また、かおりちゃんがフェラチオをしてくれました。ゆっくりと口の奥まで陰茎をつつんで、舌をたくさん使ってくれます。私はとうとう、我慢が出来なくなり、かおりちゃんの腰を引き寄せました。

かおりちゃんのアソコに私のものを当てるとかおりちゃんは眉間にしわを寄せながらよがっています。

私はゆっくりとかおりちゃんのアソコに挿入しました。

初めはゆっくりと動かし、時折、ズンと奥まで入れます。かおりちゃんはとても気持ちが良いのか、私の背中に両手を回し体を密着させてきます。

かおりちゃんのオッパイが僕の胸に密着するのですが、適度に揺れるオッパイがなんとも気持ちよいのです。

次第に私は激しく腰を動かしました。途中、体位をバックやサイドに変えてプレイをします。そして、また、正常位で挿入していた時、私はかおりちゃんの中で発射しました。

セックスが終わった後、かおりちゃんとベッドの中でいろんな話をしました。

どうも、かおりちゃんの彼氏はセックスがあまり上手ではないらしいのです。こんなに気持ちが良いセックスは久しぶりだと言ってくれました。

かおりちゃんとはバイクという同じ趣味があり、その後も私たちは2週間に1度くらいの割合で二人で会ってはセックスをしています。